Reading

呼和浩特の紹介

[Date:10-12] Source:  Author: [Font:Big Normal Small]

  呼和浩特は、内蒙古自治区の首府であり、内蒙古の経済、文化、科学、教育、金融の中心でもあます。呼和浩特は、人口約300万人であり、悠久な歴史と輝かな文化を持つ上では中国文明の発祥地の一つとして知られています。「呼和浩特」というのはモンゴル語の「緑の都市」を意味し、中国の観光地や経済力の面で賛美される有名な都市でもあり、「伊利」と「蒙牛」という二つの国内外の知名な乳業メーカを保有しているゆえに「中国の乳都」と誇称されています。

  呼和浩特は、内蒙古自治区中部の東経度110°46' - 112°10'、北緯度40°51 ' - 41°8'に位置し、市区が北緯度40°48'東経度111°41'に位置しています。総面積は17,224平方キロメートルであり、モンゴル、ロシア向け開放の要衝、東部と西部・華北を結ぶ橋頭堡、中国北部の航空ハブといった要地に存在している。

  呼和浩特は、モンゴル高原の典型的な大陸性気候に属し、四季が明白で、気候変動が鮮明である。夏は暑いし、冬は寒く、年間平均気温が8度、平年日照時間が3000余時間、年間降水量が350〜500ミリメートルとなっています。

  呼和浩特と北京の距離は約500キロあるので、電車では10時間(料金は約20〜30米ドル)程度、飛行機なら1時間(料金は約75〜80米ドル)ほどかかります。2018年より呼和浩特から北京の間で、高速鉄道が開通されるので、それを使えば、2.5時間程度で北京に到着することも可能です。